○○県★★町 農業研修生募集検討中フォルダに入れる

○○県★★町でチンゲン菜農家を目指しませんか?

  • 一言でホウレンソウといっても様々な種類があり、富士町では、「トラッドセブン」「ジャスティス」「ミラージュ」「トリトン」などといった品種が栽培されています。長年この地で培われてきたホウレンソウ栽培の技術を1から学ぶことができます。
    農業に対する強い意欲を持っている方なら、農業の経験は必要ありません。市場からも高い評価を得ているホウレンソウづくりにあなたもチャレンジしませんか?

  • 研修期間は2年。
    地元農家が専任講師を務め、1年目は16aのハウスを使った共同研修、2年目は1組23aのハウスを使った個別研修(模擬経営)を実施します。
    さらに座学も充実し、病害虫防除や肥料・農薬の基礎知識をはじめ、設備投資や収支シミュレーション、農業簿記・税務申告など、経営に必要な知識まで段階的に習得していきます。
    支援内容は充実しており、研修に必要な費用の自己負担もありません。また、研修終了後の円滑な就農に向け、農地のあっせんや施設整備などの支援も行います。

  • 独立後も、富士町ホウレンソウ部会では出荷期間中は毎月研修会を開催し、成功例を共有したり、他産地の視察などを行い、すべての農家が一定のレベルをクリアできるように努めています。
    2年間の研修期間が終了した後も、生産者同士助け合い向上していける環境が整っているので安心です。

  • 佐賀市トレーニングファームは2017年にスタートしました。
    第1期生の西岡央真さんは、熊本の農業大学校を卒業後、福岡の農業法人に就職。2018年1月から2年間のトレーニングファーム研修を修了し、2020年1月に独立就農しました。
    「ホウレンソウは、年間5〜6回種をまくので、その内の1回が害虫や病気にやられてもダメージを最小限に抑えられ、気持ちを切り替えることができます。初めて就農する人の入り口としてはぴったりな作物だと感じました」と話します。
    年間を通じて計画的に収穫することで、しっかり稼ぎながら休みも取れる農業を目指して現在も活躍中です。

  • ≪先輩農家の声≫
    ●嘉村政道・秀美さん夫妻(トマト、ホウレンソウ農家)
    【嘉村政道さんのお話】
    2013年に福岡市から妻の実家がある富士町に移住してきました。
    現在はトマトとホウレンソウをつくっていますが、以前は内装業をしていました。時間が不規則で家族と過ごす時間がほとんどなかった前職。
    そんなときに、富士町で農業を営む妻の父親がこの世界に誘ってくれたんです。
    初めはわからないことばかりでしたが、義父に優しく丁寧に教えてもらいました。義父以外にも、この町には父親のように親身になってくれる農家の先輩がたくさんいます。助成金などの自治体のフォロー体制も心強いです。
    そして何より、家族の笑顔と作物を食べてくれた人の「おいしい」という言葉が元気の源。もちろん、大変なこともありますが、夫婦で力を合わせてもっと規模を拡大していきたいです!
    ≪先輩農家の声≫
    ●嘉村政道・秀美さん夫妻(トマト、ホウレンソウ農家)
    【嘉村政道さんのお話】
    2013年に福岡市から妻の実家がある富士町に移住してきました。
    現在はトマトとホウレンソウをつくっていますが、以前は内装業をしていました。時間が不規則で家族と過ごす時間がほとんどなかった前職。
    そんなときに、富士町で農業を営む妻の父親がこの世界に誘ってくれたんです。
    初めはわからないことばかりでしたが、義父に優しく丁寧に教えてもらいました。義父以外にも、この町には父親のように親身になってくれる農家の先輩がたくさんいます。助成金などの自治体のフォロー体制も心強いです。
    そして何より、家族の笑顔と作物を食べてくれた人の「おいしい」という言葉が元気の源。もちろん、大変なこともありますが、夫婦で力を合わせてもっと規模を拡大していきたいです!

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

イベント求人

募集先情報

名称
所在地
お問い合わせ先
お申し込み先
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る